メンタルケア心理士の試験

メンタルケア心理士を目指す場合に知っておきたい試験の概要として、受験資格や試験概要、試験方法や試験日、合否発表日などがあると思われます。
まず受験資格ですが、日本学術会議協力学術研究団体メンタルケア学術協会が指定している教育機関での講座の受講を修了しているか、既に認定心理士または産業カウンセラー初級の資格を持っている人、4年制大学の心理学部や心理学科、心理隣接学部や学科を卒業していることが挙げられます。
試験の概要、方法は20問の学科と800文字程度の文章の作成です。
20問の学科では精神解剖生理学や精神医科学、カウンセリング基本技法についての問題が出題される在宅試験です。
メンタルケア心理士の試験は春、夏、秋、冬と1年に4回実施されており、3月下旬頃と7月上旬頃、9月中旬頃と12月上旬頃に試験日が設定されています。
合否発表は試験から1ヶ月、2ヶ月後くらいだと考えておくと良いでしょう。

 

↓↓↓試験に合格できるヒューマンアカデミーのメンタルケア心理士講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑

 

メンタルケア心理士認定試験の合格を目指そう

心の問題や悩みをサポートする民間資格のひとつであるメンタルケア心理士の認定試験は、メンタルケアに関連するものの中では比較的優しいと言われています。
カウンセラーとして働くために国家資格が設定されていない現在の日本では、メンタルケア心理士の資格は有効に活用できることから人気があります。
基本的な知識からカウンセリングの技法までを学ぶことができ、企業や学校、自分自身のために活かすことができるでしょう。
受験資格を得るためにも、認定試験をクリアするためにも、日本学術会議協力学術研究団体メンタルケア学術協会が指定している教育機関で講座を受講することをお勧めします。
通信講座が設けられているので、自分のペースでDVDやテキストなどの教材を使用した勉強をすることが可能で、レポートを添削してくれるなど丁寧な指導を受けることができます。
受講している間もサポートをしっかり受けられる通信講座を利用してメンタルケア心理士認定試験の合格を目指しましょう。