メンタルケアカウンセラーの試験

メンタルケアカウンセラーの資格を取得するためには、特別に試験を受ける必要はなく、日本学術会議協力学術研究団体メンタルケア学術学会が指定している教育機関での講座を受講し、修了した時点で資格が授与されます。
通信講座で受講することが可能で、テキストを使って自分の好きな時や都合の良い時間に勉強をすることができて、レポートを提出することで認定審査が行われる流れになっていることがほとんどです。
つまり、講座によってメンタルケアカウンセラーについての学習をして修了した時には、メンタルケアカウンセラーとしての基本の知識や技能を身に付けられたと判断されるのです。
ただし、認定されるためには、講座を受けた際に基準の知識や技術に達していなければならないため、修了時に一定の評価を得る必要があります。
修了時には認定審査があり、審査料が発生するのでその点を確認しておきましょう。
メンタルケアカウンセラーは、資格取得の方法としてスタンダードなものなので、メンタルケアに関心を持っている人の最初の一歩として、取得のための講座を受けてみても良いでしょう。

 

↓↓↓試験に合格できるヒューマンアカデミーのメンタルケアカウンセラー講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケアカウンセラーの資料が手に入る↑↑↑

 

メンタルケアカウンセラーの資格の取得と活用

メンタルケアカウンセラーの資格のみではカウンセラーなどになることは難しい面があるため、その後はステップアップをする必要があると考えられています。
ただ、日常生活の中での心理的な悩みやストレスに対しては、メンタルケアカウンセラーの知識や技術があれば十分に対応できる場面があるでしょう。
講座を受講して身につけた知識や技能は、生活の中で活かす方法と共に更にスキルアップさせることも可能です。
多くの人はメンタルケアカウンセラーの資格を取得した後に、メンタルケア心理士の資格にチャレンジすると言われていて、その際の勉強の基礎作りのためにもメンタルケアカウンセラーの資格は役立てられるようです。
また、心理学に関係する勉強が初めてという人にはメンタルケアカウンセラーの講座は解りやすいと評判なのでお勧めです。