准メンタルケア心理専門士の試験

准メンタルケア心理専門士の資格取得のための受験資格や試験の概要、方法や試験日、合否発表などの日程について調べて計画的に勉強をしましょう。
受験資格は既にメンタルケア心理士か臨床心理士の資格を取得しているか、心理隣接研究員または専攻科修士の人に限られています。
精神医科学緒論、心理学、カウンセリング技法、精神予防政策学などを含む25問の学科試験を受ける試験内容で、在宅試験の形式で受験します。
試験は現在、春、夏、秋、冬の年に4回行われており、春の試験は5月中旬頃、夏は8月上旬頃、秋は10月下旬頃、冬は1月下旬頃にそれぞれ試験と合否発表の予定となることが多いようです。
准メンタルケア心理専門士の資格の試験を受けるには、日本学術会議協力学術研究団体メンタルケア学術協会に受験の申し込みを行います。

 

↓↓↓試験に合格できるヒューマンアカデミーの准メンタルケア心理専門士講座↓↓↓

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料で准メンタルケア心理専門士の資料が手に入る↑↑↑

 

准メンタルケア心理専門を取得したら

准メンタルケア心理専門士の資格は、比較的新しくできたもので合格率も60%近くと、メンタルに関する資格の中では高い確率でクリアできると言われています。
受験資格としてメンタルケア心理士の資格を持っていなければならないため、まずは通信講座などでメンタルケア心理士の認定試験のための勉強をし、資格を取得してからステップアップとして准メンタルケア心理専門士にチャレンジする形での受験となります。
多くの人はメンタル心理専門士の受験の間に准メンタルケア心理専門士の資格を取得するのですが、必ず取得しなければメンタルケア心理専門士の試験を受験できない訳ではありません。
ただ、メンタルケア心理士とメンタルケア心理専門士の間にはかなりのレベルの差があるため、准メンタルケア心理専門士の資格を取得することで、自分のレベルを知ることが可能です。
通信講座ではメンタルケア心理士に関してトータルに勉強できるコースが設定されているので、選択するとメンタルケア心理士から准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士までの資格の取得のための勉強ができます。